青森の三内丸山遺跡。日本最大級の縄文集落跡が無料で楽しめる!!

ルナールです。

 

 

私、どうも縄文時代の竪穴式住居っていうのが気になっちゃいましてねぇ。

別に歴史に詳しいとか、歴史が大好きな、いわゆる「歴女」っていうわけでは全くないんですけど。

 

でも、「竪穴式住居」って聞くとどうも血が騒ぐというか、入ってみたいというか・・・

 

ということで、今回は、青森県にある特別史跡 三内丸山遺跡をご紹介します。

 

スポンサーリンク

JR青森駅から三内丸山遺跡への行き方

 

青森魚菜センターでのっけ丼を食べたあと。

 

まだホテルに戻るには早いけど、旅行計画を立てている時点で行きたかった、津軽三味線会館や太宰治記念館や岩木山神社とかに行くにはちょっと遅くなっちゃったな~っていう時間。

次の日は白神山地に行く予定だったので、とりあえず、その時に使うフリー切符を買いに行こうとJR青森駅に向かうことに。

 

無事に切符を買えたのは良いけど、その後の予定が決まらないまま・・・

 

そのフリー切符は2日間有効だから、「乗れる範囲内でどこかの駅まで行って、ぶらり旅をしてみるのも楽しそうだな」なんて思っていたところ、ふと、三内丸山遺跡のことを思い出す。

めっちゃ気になっていたけど、時間の関係でスケジュールから外していた場所。

「確か、青森駅から近かった気がする」と思い、駅のすぐ近くにあった観光案内所に。

 

特別史跡 三内丸山遺跡

 

結果、バスで30~40分かかるということだったけど、他に程よい距離の観光地が無さそうだったし(美術館はあったけど、基本そういう場所が苦手なので)、元々気になってた場所だったし、バスもちょっと待てば来そうだったので、行ってみることに

 

14:45 青森駅を出発(青森シャトルdeルートバス ねぶたん号) 200円

 

↓  ※後述しますが、市営バスの利用も可能です。

 

15:26 三内丸山遺跡 到着

 

青森 三内丸山遺跡 縄文時代の竪穴式住居

 

バスが到着すると、まず目に入ってくるこちらの建物。

縄文時遊館という、ビジターセンターとしての役割がある建物です。

まずは、この中に入ります。

 

すると、左手側に受付があるので、そのまま通り過ぎて少し進むと左側に遺跡へと向かう通路があります。

その通路を通り、建物を出ると・・・

青森 三内丸山遺跡 縄文時代の竪穴式住居

 

・・・・・・どっちだろう?

 

でも、辺りをキョロキョロ見回してみると、左側の道を歩いている人の姿が見えたので、とりあえず左に進んでみます。

 

ちなみに、上の写真右側の白い四角いのが看板で、

青森 三内丸山遺跡 縄文時代の竪穴式住居

ちゃんと案内が書いてありました。

遺跡は左側で正解でしたよ。

 

そして、通路をしばらく進むと

 

青森 三内丸山遺跡 縄文時代の竪穴式住居

 

三内丸山遺跡は、今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡で、復元された多くの建物を無料で見ることが出来る、国の特別史跡に指定されている場所です。

 

大きい住居とか

青森 三内丸山遺跡 縄文時代の竪穴式住居

 

高床式の建物とか

青森 三内丸山遺跡 縄文時代の竪穴式住居

 

中に入れたりもしますよ

青森 三内丸山遺跡 縄文時代の竪穴式住居

 

 

あと、フラフラと散策していると、何か所かに白いドームみたいな物で覆われた謎の扉があるんですよね。

一見、「関係者以外立ち入り禁止」的な雰囲気を醸し出しているんですが、どうやら見学できるらしい。

 

ってことで、中に入ってみると

青森 三内丸山遺跡 縄文時代の竪穴式住居

こんなのも見れたりします。 何かの溝っぽいですね。

このドーム型の建物の中は、きちんと空調管理がされているようです。

 

こういうのも、全部無料で見学できます

 

ちなみに、この建物群を見渡せるようなちょっと高い位置にはベンチとかトイレもあり、そこの水飲み場が可愛い

青森 三内丸山遺跡 縄文時代の竪穴式住居

 

 

さんまるミュージアム

 

ひと通り散策が終わった後は最初の建物、縄文時遊館に戻ります。

 

そこには、体験工房やお土産屋さんなどもあるんですが、もう時間が遅かったので閉まっちゃっていました。

 

でも、駅に戻るバスの時間まで30分ぐらいあったので、館内にあるさんまるミュージアムという場所に入ってみることに。

そこも無料で入ることが出来ます

 

そうそう、この三内丸山遺跡から出土した遺物は1,958点が重要文化財に指定されているそうで、そのうちの約500点が、ここ、さんまるミュージアムに展示されています。

 

かわいらしい土偶とか

青森 三内丸山遺跡 縄文時代 重要文化財

 

重要文化財の土器たちや

青森 三内丸山遺跡 縄文時代 重要文化財

 

こちらも重要文化財の編カゴ(縄文ポシェット)

青森 三内丸山遺跡 縄文時代 重要文化財

 

いや~、30分でサクッと駆け足で回るだけなのがもったいないぐらい。

 

それにしても・・・遺跡の見学もミュージアムも無料ってどういうこと!?

 

しかも、無料なのはその2つだけじゃなくて、コインロッカーも無料(100円入れるリターン式)。まあ、それはまだしも。

 

なんと!!

ボランティアガイドの方が無料で遺跡を案内してくれるらしいんですよ!!

しかも、1時間ほど。

 

私がフラフラ散策していても所要時間がだいたい1時間ぐらいだったから、ほんとにガッツリ案内してくれるんですねぇ。

 

って、いやいやいや。

いや、ちょっとぐらいお金取っても良いんじゃないかな?

 

まあ、こっちとしては有難いけどさぁ・・・大丈夫なのかなぁ・・・

 

って思わず余計な心配をしてしまうぐらい太っ腹な場所でした。

 

16:50 三内丸山遺跡を出発(青森市営バス 青森駅行)300円

 

来る時に乗った「ねぶたん号」は、もうちょっと待たないといけなかったので、帰りは市営バスを利用しました。

 

ねぶたん号よりは110円高いけど、駅までの所要時間は10分ほど短くて済みましたよ

もちろん、所要時間は交通状況によりますけどね。

 

あ、ちなみに、来る時も市営バスでも来れます

私の場合、来る時は逆のパターンで、市営バスがねぶたん号よりもちょっと待たないといけなかったので、ねぶたん号を利用しました。

 

 

三内丸山遺跡

 

■住所 青森県青森市大字三内字丸山305

 

■アクセス

JR青森駅から
・車で約20分(約7キロメートル)

・市営バス 約30~40分 三内丸山遺跡行き
青森駅前 6番 青森市営バス乗り場から乗車 「三内丸山遺跡前」下車 310円

・あおもりシャトルdeルートバス(ねぶたん号) 約30~40分
青森駅前 7番 シャトルバス乗り場から乗車 「三内丸山遺跡前」下車 200円

 

■開館時間

・4月1日 ~ 5月31日、10月1日 ~ 3月31日  9時~17時

・4月28日 ~ 5月6日、6月1日 ~ 9月30日 9時~16時

※入場は終了時間の30分前まで

 

■入館料 無料(駐車料金・遺跡の入場料も無料)

 

■休館日 12月30日~1月1日

 

■ボランティアガイドについて

・事前予約は不要

・決まった時間に出発するので、それまでに集合場所へ

・集合場所はエントランスホールか時遊トンネル出口付近

・所用時間は1時間程度

 

 

 

最後までお付き合い、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました